tenten2fxxの活動ログ

ingress Agentの活動ログ Pokemon GOも赤で活動中 基本ラングレス たまにチャリグレス 車は殆ど使わない

2019年10月


先月新潟
先月新潟に行ってミッションをやっていた時にポータルを2個申請した。



そしたら1個は駄目で1個は今日ライブした。

生やしたポータル
portal live
場所
地図
新潟駅から北東へ4,5kmいったところ


ポータル位置
この赤丸内の公園である。
ちなみにミッション中に迷ってここにたどり着いたが、正直行きづらい(笑)
川沿いでなかなか抜けられない
まあ、だから誰も申請してなかったんだろうね

portal位置
うむ、真っ青な中にポータルを生やしてしまった。
青さんにうまく使われてしまうだけだ(笑)
いや、使ってくれるだろうか?

自分がキャプチャできる日はいつの日か・・・・

今まではZenfone4

zenfone4を1年使ってきたが、少しずつバッテリー性能が落ちてきているのは実感していた。
しかし、旧スキャナーだとギリギリ2日間活動可能で、2日に1回充電していた。

しかし、primeに移行してからはバッテリー消費が1.5倍ぐらいになってしまった。
また長時間活動していると熱くなる。
熱暴走しぎみ。
おそらくprimeを動かすためには性能がギリギリというところなんだろう。

というわけなので、スマホを新しくすることに。

ただしingress専用機なんでそれほど高い携帯を買う気もない。
また走りながら持ったりするのであまり大きいのも嫌だ。

色々探したところ、サイズがあまり変わらない、というか少し小さくなる携帯をみつけた。

2019春モデル
HUAWEI P30 lite
スペック
である。

zenfone4が5.5インチでP30 liteが6.1インチ
なのにサイズは小さくなる
しかもAMAZONで30000円切ってしまう。
お金もないし、
バックドアとかHUAWEIが泥OSじゃなくなっちゃうかもなんてことにこだわってられない!
ということで早速注文よ!!

新旧携帯比較(大きさ)
携帯比較
左がP30 lite  右がZenfone4
両方ともケースにいれているが、やはりP30の方が小さくしかも薄い。
画面は明らかにP30 liteの方が大きい。

P30 liteはIngress prime適応か?

結論から言うとP30 liteは滅茶苦茶快適というわけではないが、プレーはしっかりできる。

発熱
zenfone4では明確な長時間プレー時の発熱もあまりない。
Antutuだとzenfone4が10万ぐらいでP30 liteが13万ちょっと。
ingress primeをプレーするためには
Antutuのデータが13万が最低ラインでスマホを検討した方がいいかもしれない。
まあBlackshark2とかお高いゲーミング系なら問題にはならないと思う。

バッテリー
zenfone4が3000mA P30 liteが3340mAでありそれほど差はない。
P30 lite新品だと5時間ぐらいプレーできる感じ

アプリの再起動
両方ともメモリ4GBであり30~45分に1回は再起動が要求される。
もうちょっと安定しないかな?という感じ。
メモリが6GB以上ならちょっと良くなるのかは未検証

GPS
高層ビルのない屋外では両者にはあまり差はないが、
今日アーケードの中でプレーした際P30 liteは位置ずれが激しい時期があった。
それに比較してzenfone4は位置ずれが少ない。
zenfone4で新宿副都心でプレーした際にもあまり位置ずれはなかったので
asusの方が位置精度が良いチップなのかもしれない。

結論
P30 liteでもingress primeは十分プレー可能であるが、GPSがブレブレな所は厳しいかもしれない。
redactedから比べると明らかにハード面の要求は上がっている。
Antutu10万のzenfone4でもredactedは円滑にプレーできたがprimeはギリギリである。

余裕を持つなら泥携帯ならAntutu15万以上、メモリ6GB以上のスマホを選ぶべきかと思う。

↑このページのトップヘ